ニュートラムに金色の車両…Osaka Metroの発足を記念 4月1日から

鉄道 行政
民営化を記念してニュートラムに投入される金色の200系(イメージ)。
民営化を記念してニュートラムに投入される金色の200系(イメージ)。 全 1 枚 拡大写真
大阪市交通局は3月1日、大阪市住之江区のコスモスクエア駅と住之江公園駅を結ぶ南港ポートタウン線(ニュートラム)で、金色の200系車両を運行すると発表した。

大阪市交通局の軌道事業が民営化され、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)が発足する4月1日に導入される。金色は「未来に光輝く!」という新会社のスタートを意識したもので、車体には稲穂のイラストが描かれる。

運行初日は、13時30分頃から15時頃まで出発式が開催されるが、3月16日までその参加者を募集している。

50人を募集し、1グループ最大3人まで申し込むことができる。申込みは大阪市交通局ウェブサイトの応募フォームで受け付けている。

なお、出発式の参加には、1日乗車券の「エンジョイエコカード」(大人600円・子供300円)が必要。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV