プジョー 508 新型にPHV、2019年に設定へ

エコカー EV
プジョー508新型
プジョー508新型 全 5 枚 拡大写真
プジョーは、スイスで3月6日に開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開する新型『508』に2019年、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

プジョーが属するPSAグループは、新経営戦略「Push to Pass」において、「2021年までに、新型の環境対応車を合計11車種発売する」と発表。

環境対応車11車種の内訳は、EVが4モデル、PHVが7モデル。PSAグループは、PHVの開発と市場投入に力を入れている。

この戦略に沿う形で2019年、新型508にPHVを設定する予定。ガソリンエンジン搭載のPHVモデルとなり、発売は2019年秋を予定している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー5008
  • プジョー 5008 新型
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー 508 SW Allure
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ