シトロエン ベルランゴ 新型、多彩な先進運転支援システム…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018) 全 12 枚 拡大写真
シトロエンは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、新型『ベルランゴ』を初公開した。

ベルランゴは、シトロエンの主力商用車および小型MPV。先代モデルは2008年に発表。新型は3世代目モデルとなり、およそ10年ぶりのモデルチェンジを受けて登場した。新型の特徴のひとつが、兄弟車の拡大展開。プジョーブランドの『リフター』、PSAグループの傘下に入ったオペル/ボクスフォールブランドの『ライフ・コンボ』が、新型ベルランゴの兄弟車となる。

新型ベルランゴは、PSAグループの「EMP2」車台をベースに開発。フロントマスクなどには、シトロエンの最新デザイン言語が導入されており、新型『C3』ファミリーと共通イメージの顔つきに。ボディサイドには、「エアバンプ」が装着可能。エアバンプは、素材の内部に空気カプセルを入れたもので、衝撃や接触からボディを保護するだけでなく、個性的な外観を演出する。

新型は、5名乗りのショートボディ(全長4400mm)の「M」と、7名の乗りのロングボディ(全長4750mm)の「XL」を設定。パワートレーンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.5リットル。トランスミッションには、「EAT8」と呼ばれる8速ATが設定された。

新型の特徴のひとつが、19の先進運転支援システム(ADAS)の採用。中でも、8速AT車のストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールは、フロントガラスの上部の多機能カメラを使用。ドライバーの設定に合わせて車速を自動的に維持し、前走車に追従走行する。

アクティブレーン逸脱警告システムは、カメラによって走行レーンからの逸脱を検出するシステム。システムが車線逸脱を検出すると、ステアリングを自動的に操舵し、徐々に車を元の車線に戻す。システム作動中は、インジケータランプが点滅する。交通標識認識システムは、フロントガラスの上部の多機能カメラを使用して、速度制限標識など特定の道路標識を自動的に検出して読み取る。検出された標識の画像や制限速度は、3.5インチのカラーディスプレイやヘッドアップディスプレイに表示する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ