VR塗装シミュレーターで職人をめざせ…IAAE 2018

自動車 ビジネス 国内マーケット
VR塗装シミュレータ(IAAE 2018)
VR塗装シミュレータ(IAAE 2018) 全 7 枚 拡大写真
IAAE 2018のブロードリーフのブースにVRでボディ塗装のシミュレーションができるシステムを展示していた。これなら塗料も部品も無駄にせず塗装の練習、研修が可能だ。

このシステムはVRSiMという米国の会社が開発した「SiM Spray」というもので、ブロードリーフが国内向けのローカライズと販売を行っている。現状では参考出品で国内販売は未定とのことだが、デモソフトはメニューなどが日本語されており、日本市場への投入を期待できる。

ゴーグルを装着すると、設定した塗装ブースの背景と部品が目の前に表示される。スプレーガンを部品に向けて塗装していくが、ガンの動き、部品との距離や角度によって塗料がスプレーされていく。非常にリアルなため、経験者が操作すると、動作は本当に塗装をしているときと同じようになる。慣れない人がやれば、当然塗装ムラができる。見た目だけでなく、塗布された塗料の厚さも計算され表示されるので、厚みのムラもわかってしまう。

スプレーガンのタイプはHPLV、エアレス、エアアシスト付きの3種類を選ぶことができる。塗料はプライマー、カラーペイント、クリアの3種類が選べるようになっていた。他にも、ノズルのチップサイズの設定、コンプレッサーの圧力などの設定も変えることができ、それに応じたシミュレーションができるという。

単に塗装をシミュレートするのではなく、作業の可視化、分析も可能だ。消費した塗料や、カバレッジ率、さらにガンの軌跡をガイダンスする機能や、動きをあとで確認することができる。もともと、塗装のトレーニングをするためのシステムなので、米国では、自動車メーカーや工場の研修や教育用に主に利用されているという。

《中尾真二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MaaSアワード2020、大賞のダイハツ工業
  • 国際オートアフターマーケットEXPO
  • KeePer技研(IAAE 2019)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ