EVの性能を向上させるタイヤ、グッドイヤーが技術発表…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
グッドイヤーのエフィシェントグリップ・パフォーマンスのプロトタイプ(ジュネーブモーターショー2018)
グッドイヤーのエフィシェントグリップ・パフォーマンスのプロトタイプ(ジュネーブモーターショー2018) 全 4 枚 拡大写真
グッドイヤーは、ジュネーブモーターショー2018において、EVの性能を向上させる新しいタイヤ技術を発表した。

このタイヤは、「エフィシェントグリップ パフォーマンス」のプロトタイプ。成長を続けるEV市場に向けた試作タイヤで、2019年までの発売を目指す。

グッドイヤーのテストによると、EVのモーターからの強力で瞬間的なトルクの立ち上がりと重いバッテリーの影響で、従来のタイヤでは、最大で30%早く摩耗する可能性があることが判明したという。

そこで、エフィシェントグリップ パフォーマンスのプロトタイプでは、トレッドのより薄いサイプ(小さな溝)を採用。従来よりも路面に対して、横方向に広い面積でのトレッドゴムの接触を可能にした。より多くのトレッドゴムが路面に接触するため、タイヤは濡れた路面でも高いグリップ性能を維持しながら、高いレベルのトルクを実現。また、このトレッド設計は音波がトレッドの溝に入るのを防ぎ、タイヤの車内音および通過ノイズを低減させる。

さらに、タイヤの空洞形状は、高性能を実現するために最適なトレッド接地形状を維持しながら、バッテリーによる車両への付加重量に対応できるように最適化。トレッドコンパウンドの材料特性は、超低転がり抵抗実現のために調整されており、高レベルのトルクに対応しながら、車両の走行可能距離の延長に寄与する。サイドウォールは空気力学的抵抗を低減するように設計。プロファイルは回転質量を低減し、結果としてエネルギー消費を抑える、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジュネーブモーターショー2019
  • ジュネーブモーターショー2019
  • MDI エアーポッド(2008年)
  • DCデザイン・ガイア(2003年)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ