瀬戸大橋線開業30周年記念入場券を発売…JR西日本とJR四国がつながる台紙付き 4月10日から

鉄道 企業動向
JR四国発売分「瀬戸大橋線開業30周年記念入場券」の台紙。高松・鬼無(きなし)・端岡・坂出・宇多津各駅の硬券入場券がセットになる。JR西日本発売分とはデザインが異なるが、両方が揃うとつながる仕様になっているという。
JR四国発売分「瀬戸大橋線開業30周年記念入場券」の台紙。高松・鬼無(きなし)・端岡・坂出・宇多津各駅の硬券入場券がセットになる。JR西日本発売分とはデザインが異なるが、両方が揃うとつながる仕様になっているという。 全 1 枚 拡大写真
JR四国は、4月10日から瀬戸大橋線開業30周年を記念した入場券セットを発売する。

瀬戸大橋線は、岡山~茶屋町(ちゃやまち)間の宇野線、茶屋町~宇多津(うたづ)間の本四備讃線、宇多津~高松間の予讃線を合わせた旅客案内上の総称で、1988年4月10日には、瀬戸大橋を含む児島~宇多津間が開業し、瀬戸大橋線が全通した。瀬戸大橋線のうち、岡山~児島間はJR西日本、児島~高松間はJR四国の営業エリアとされている。

発売初日は、10時から高松・端岡・坂出・宇多津の各駅で合計3000セットが発売され、発売額は800円。1度に5セットまで購入できる。9月30日まで発売されるが、売り切れ次第終了となる。

なお、同様の記念入場券は、JR西日本岡山支社でも4月10日から発売されることになっており、発売初日は9時から、岡山・妹尾(せのお)・早島(はやしま)・茶屋町・児島の各駅で合計3000セットを発売する。発売額は700円。

どちらも台紙が付くが、デザインは異なる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 鹿児島本線博多~大牟田間で西鉄天神大牟田線と並行するJR九州。写真は博多駅に停車する鹿児島本線の列車。
  • 当初予定より1日早い10月24日に全線再開する東武日光線。同線を通過する特急も合わせて再開する。写真は100系「スペーシア」による特急『けごん』。
  • 北陸新幹線の車両は、台風19号の影響で全車両の3分の1が被災し運用不能に陥っているが、直通再開後の暫定ダイヤでは、東京~金沢間の『かがやき』『はくたか』の減便が最小限に留められ、その分、東京~長野間の『あさま』が大幅に減便されることになった。写真は浸水した長野新幹線車両センターの北陸新幹線車両。
  • 梁川駅(資料画像)
  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/15/307301.html/article/2018/03/15/307300.html/article/2018/03/16/307302.html