スバル、レジェンドマシンを展示予定…モータースポーツジャパン2018

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2017年のブース風景
2017年のブース風景 全 1 枚 拡大写真
SUBARU(スバル)は4月14日、15日に東京・お台場の特設会場で開催されるモータースポーツの祭典「モータースポーツジャパン2018」に出展する。

13回目の開催を迎える同イベントは、「日本のモータースポーツ文化の継承と発展」を基本コンセプトに、大人から子どもまで夢中になれるモータースポーツの魅力を体験できるプログラムを多数揃えた参加型イベント。スバルは初開催から毎年出展している。

今年はスバル『360』の発売から60周年、そしてモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル創設30周年を記念して、特別ブース「レジェンドオブザスバル」を出展する。特別ブースでは、1964年、第2回日本グランプリでクラス優勝を果たしたスバル360をはじめ、1989年、10万km世界速度記録を樹立した初代『レガシィ』など、レジェンドと呼ぶにふさわしい貴重なモータースポーツ参戦車両を展示。さらに、STI 30年のクルマづくりの歴史を紐解く機会として、ユーザーから募集した歴代STIコンプリートカーを展示する。

また、スバルPRブースでは、2017年のSUPER GTに参戦した「SUBARU BRZ GT300」や「WRX STI」全日本ラリー参戦車など、モータースポーツ車両を展示するほか、ラリードライバーなどによるスペシャルトークショー、「インプレッサWRカー'98」のデモンストレーション走行などを実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル インプレッサ STIスポーツ
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ