三井物産、チリの最大手自動車オペレーティングリース・レンタカー事業へ出資

自動車 ビジネス 海外マーケット
Mitta社のオペレーティングリース事業(BtoB)の現場での様子
Mitta社のオペレーティングリース事業(BtoB)の現場での様子 全 2 枚 拡大写真
三井物産は3月15日、チリの最大手自動車オペレーティングリース・レンタカー事業へ出資参画、中南米地域で展開する自動車バリューチェーンを強化すると発表した。

三井物産は、チリの自動車オペレーティングリース・レンタカー業界最大手であるAutorentas del Pacifico社を傘下に持つMitta社への出資参画に関する関連契約書を1月30日に締結。4月までに三井物産はMitta社株式の49%の取得を目指している。

三井物産は1960年来、中南米地域で輸入代理店・販売店・自動車金融業を展開し、強い自動車バリューチェーンを構築。こうした供給サイドに加えて、今回のMitta社への出資参画を通じ、より消費者に近い需要サイドへ事業領域を拡大し、自動車バリューチェーンのさらなる強化につなげていく。

Mitta社は、チリ鉱山・エネルギー業界向けに自動車オペレーティングリース事業(BtoB)で高いシェアを持つほか、地場レンタカー事業(BtoC)も長く運営。合計保有台数は約1万6500台にのぼる。今回、これらの基盤を活かして、三井物産がノウハウを持つペルーやコロンビアなどの中南米諸国を中心に、Mitta社事業の他国展開を推し進め、成長市場の取り込みによるプレゼンス拡大を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  4. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  5. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
  6. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  7. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. 博物館でももう見ることができない商用車
  10. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
ランキングをもっと見る