イタリア SWM の急展開…東京モーターサイクルショー2018

モーターサイクル 企業動向
SWM Six Days 400/440(東京モーターサイクルショー2018)
SWM Six Days 400/440(東京モーターサイクルショー2018) 全 7 枚 拡大写真
イタリアのモーターサイクルブランド「SWM」が第45回東京モーターサイクルショーに出展。『Silver Vase 400/440』『Six Days 400/440』『Gran Turismo 400/440』『SM125R』『RS125R』『Gran Milano Inter』を展示した。

SWMはSWMは1971年創業。イタリアエンデューロレースにおける、海外メーカー車に対するアドバンテージを築くために制作された2ストロークモデルから、 SWMは始まった。一時生産を休止していたが、2015年のミラノ・モーターサイクルショーで同じ名を継ぐ新しい会社として復活した。SWM とは『Speedy Working Motors』を意味するという。

日本市場には2016年からMVアグスタジャパンの輸入取扱いによって参入、東京モーターサイクルショーには2017年に初めて出品、今回は展示面積もおよそ2倍に増えてアピールする。ブランド名の由来の通りの急速展開だ。

日本初公開モデルはSix DaysとGran Milano Inter。Six Days(シックスデイズ)400/440はネオクラシックの新型で、2017年ミラノ・モーターサイクルショーで発表された。税込69万9840円。

Gran Milano Inter(グランミラノインテル)はサッカーの名門チーム、インテルミラノとのコラボモデルだ。「Gran Milano」をベースに、インテルの青が映える。こちらも昨年のミラノ・モーターサイクルショーで発表された。価格は税込86万4000円。

RS125Rは水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンを搭載する125ccオフロードモデル。ビギナーにも馴染みやすいスポーツモデルだ。税込価格は49万9000円。

あるときお客さまから「車検が通ったんだけど外装がダメだから直してほしい…

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ
  • ヤマハ テネレ700(ライダー松井勉)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/25/307630.html/article/2018/03/25/307629.html/article/2018/03/25/307631.html