ハスクバーナは新型ストリートを訴求、VR体験も…東京モーターサイクルショー2018

モーターサイクル エンタメ・イベント
ハスクバーナ(3月24日、東京モーターサイクルショー2018)
ハスクバーナ(3月24日、東京モーターサイクルショー2018) 全 5 枚 拡大写真
モーターサイクルショーでは、日本市場で台数的な存在感は小さいものの、定評のあるメーカーのマシンを見ることができるのは楽しい。企業側にとっては認知度・理解度アップの機会でもある。

「こんなメーカーがあったんだ」との声が会場でよく聞かれたブランドのひとつが、ハスクバーナだ。スウェーデン発祥の歴史あるメーカーで、何度かの企業再編を経て、現在はオーストリアに本拠を置くKTMグループ傘下にいる。東京モーターサイクルショーでは出展者リストに名前がないが、KTMに隣接して独自のブースを構えた。

ハスクバーナは伝統的にオフロードモデルに強いメーカーだが、東京モーターサイクルショーでは新型ストリートモデルの『VITPILEN401』、『SVARTPILEN401』、『VITPILEN701』を訴求している。展示車に跨って仮想試乗体験ができるVRコーナー用意された。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV