日産の自動運転クロスオーバーEV『IMx』、市販が決定…世界市場に投入へ

エコカー EV
日産IMx
日産IMx 全 9 枚 拡大写真
日産自動車は、コンセプトカーの『IMx』から発想を得た新型クロスオーバーEVを、世界市場に投入する計画を発表した。

IMxは2017年秋、東京モーターショー2018で初公開。完全自動運転技術を搭載した次世代のクロスオーバーEVを提案した。

IMxでは、「プロパイロット」をさらに進化させた完全自動運転機能を採用。「プロパイロットドライブモード」(PDモード)を選択すれば、ステアリングホイールは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動できる。

「マニュアルドライブモード」(MDモード)を選択すると、PDモードからシームレスに切り替わり、ドライバーの目の前にステアリングホイールが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化する。

EVパワートレーンは、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WD。最大出力は435hp、最大トルクは71.4kgmを引き出す。バッテリーには、エネルギー密度をさらに高めた大容量バッテリーを採用。1回の充電での航続は、最大600km以上を確保している。

あるときお客さまから「車検が通ったんだけど外装がダメだから直してほしい…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/26/307658.html/article/2018/03/26/307657.html/article/2018/03/26/307659.html