VWが新型ピックアップトラックを発表、米国投入を想定…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・アトラス TANOAK(ニューヨークモーターショー2018)
フォルクスワーゲン・アトラス TANOAK(ニューヨークモーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、コンセプトカーの『アトラスTANOAK』を初公開した。

同車は、フォルクスワーゲンが米国市場で販売している中型SUVの『アトラス』をベースに、ピックアップトラックを提案したコンセプトカー。車名の「TANOAK」とは、太平洋沿岸地域で、高さが最大45mまで伸びる木に由来している。

ベース車両のアトラス同様、アトラスTANOAKは、フォルクスワーゲングループの新世代モジュラー車台、「MQB」を使用。ボディサイズは全長5438mm、全幅2030mm、全高1844mm。フォルクスワーゲンはこのアトラスTANOAKで、米国における中型ピックアップトラック市場への参入を想定する。

パワートレインは、アトラス用の直噴3.6リットルV型6気筒ガソリン「FSI」エンジン。最大出力280ps、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WDの「4モーション」を組み合わせている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ