ジャガー F-PACE SVR に最新コネクト、4GのWi-Fi接続も可能…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ジャガー F-PACE SVR(ニューヨークモーターショー2018)
ジャガー F-PACE SVR(ニューヨークモーターショー2018) 全 8 枚 拡大写真
ジャガーカーズは、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018で初公開したジャガー『F-PACE SVR』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

F-PACE SVRは、ジャガーの主力SUV、「F-PACE」の頂点に立つ高性能グレード。5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジン(最大出力550ps、最大トルク69.3kgm)を搭載。0~100km/h加速4.3秒、最高速283km/hの性能を誇る。

このジャガーF-PACE SVRには、最新の車載コネクティビティを採用。10インチのタッチスクリーンと12.3インチのHDインストルメントクラスターを備えた「InControl Touch Pro」と呼ばれるインフォテインメントシステムを導入した。

鮮明なグラフィックの10インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステムは、直感的なタッチ操作が可能。12.3インチのTFTインストルメントクラスターも装備された。4種類のビジュアルテーマと、ドライバー専用のフルスクリーンナビゲーションディスプレイから選択可能。

また、最大8つのデバイスを4GのWi-Fiに接続することが可能。ウェアラブル技術を活用した防水仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキーでは、テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにアクティビティキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が行える。

自動車業界で働く女性は少ない! その中で働く女性を紹介する連載企画「ホイール系女子」(仮)スタ…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/02/308038.html/article/2018/04/02/308037.html/article/2018/04/02/308039.html