米環境保護局、オバマ前政権の燃費規制を見直しへ

エコカー 燃費
スコット・プルイット長官 (c) Getty Images
スコット・プルイット長官 (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
米国の環境保護局(EPA)は4月2日、オバマ前政権が定めた自動車の燃費規制を見直すと発表した。

2011年、当時のオバマ大統領は、新しい燃費基準を発表。米国内で販売する車の燃費を、2025年までに1ガロン当たり平均50マイル以上に引き上げることを、自動車メーカーに求める、としていた。

4月2日、米国の環境保護局(EPA)は、オバマ前政権が定めた燃費規制を見直すと発表。EPAはその理由として、オバマ前政権は政治的意図をもって中期評価プロセスを短縮し、現実と合わない基準についての前提を作り、基準を高く設定した、と指摘した。

米国環境保護局のスコット・プルイット長官は、「オバマ前政権の判断は間違っていた。現在の基準は適切ではなく、改訂されるべき」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・クラリティ PHEV の2020年モデル(北米仕様)
  • 三菱 ミラージュ の2019年モデル
  • ホンダの米国主力乗用車。左からインサイト、シビック、アコード、クラリティ
  • マツダCX-5
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ