長瀬産業、インド自動車部品メーカーとの合弁会社へ追加出資 新工場設立で供給力拡大へ

自動車 ビジネス 海外マーケット
長瀬産業(webサイト)
長瀬産業(webサイト) 全 1 枚 拡大写真
長瀬産業は4月10日、インドの大手自動車部品メーカーUNO MINDAグループとの合弁会社であるミンダ キョーラクへ追加出資、新工場を設立し供給力拡大を目指すと発表した。

長瀬産業は、 UNO MINDAグループとの関係強化を進めており、グループの中核であるミンダ インダストリー、キョーラクとの3社合弁により、スポイラーなどのブロー製品を製造するミンダ キョーラクの操業を2012年に開始。今回の追加出資により、自動車普及率が年々増加するインドにおいてUNO MINDA グループとのさらなる関係強化を図る。

ミンダ キョーラクでは、今回の増資により、2018年内の完成を目指しインド北西部のグジャラート州に新工場を設立。UNO MINDAグループは、グジャラート州では、自動車メーカーの進出により自動車生産台数が2021年に130万台まで伸びると試算しており、こうした需要の取り込みによるシェア拡大を目指す。新工場設立により、現在の年間約20億円の売上が、2024年に約43億円となることを見込んでいる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV