ホンダ・センシング、米国搭載車が100万台到達…2022年モデルまでに全車標準化へ

自動車 テクノロジー 安全
ホンダ・センシングのアダプティブ・クルーズ・コントロール作動イメージ
ホンダ・センシングのアダプティブ・クルーズ・コントロール作動イメージ 全 3 枚 拡大写真
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは4月10日、先進運転支援システム(ADAS)の「ホンダ・センシング」搭載車の米国での累計販売台数が100万台に到達した、と発表した。

ホンダ・センシングは、ホンダの安全運転支援テクノロジー。ホンダ・センシングには、衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)、車線逸脱警告、アダプティブクルーズコントロール、交通標識認知機能、レーンキーピングアシスト、前方衝突警告などが含まれている。

さらに、ブラインドスポットインフォメーション、前後駐車センサー、クロストラフィックモニター、ドライバー認識モニター、ダイナミックガイドラインを備えたマルチアングルリアカメラなどが搭載される。

アメリカンホンダは現在、2018年モデルの69%にホンダ・センシングを採用。2022年モデルイヤーまでに、全車にホンダ・センシングを標準装備していく、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ