四国の阿佐海岸鉄道がDMVの愛称とデザインを募集---2020年までの運行開始に備える

鉄道 企業動向
デザインは、これらのボディーカラーの中から3両それぞれに1色ずつ選び、基調の色とする。
デザインは、これらのボディーカラーの中から3両それぞれに1色ずつ選び、基調の色とする。 全 2 枚 拡大写真
徳島県海陽町の海部駅と高知県東洋町の甲浦(かんのうら)駅を結ぶ、阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道は、2020年までの運行開始を予定しているDual Mode Vehicle(DMV)の愛称とデザインを募集している。

DMVは、2004年にJR北海道が開発した鉄道と道路の双方を運行できる車両で、2008年にかけて3次にわたり試作車が登場したが、2015年にはJR北海道としての実用化が断念されていた。

しかし、阿佐海岸鉄道では、2011年からJR北海道の協力により実証実験が開始されており、2017年2月には、2020年に向けての実用化が、関係自治体からなる「阿佐東線DMV導入協議会」で決定。DMV初の営業運行へ向けての道筋がつけられた。

計画では、定員20~30人程度の車両を3両導入することになっており、今回、その愛称とデザインのそれぞれについて、3両分を1応募として募集している。

作品には「次世代の乗り物『DMV』をPRでき、夢や希望を感じさせるもの」「阿佐東地域のイメージをアピールできるもの」「幅広い年代に親しみを感じさせるもの」とした3点の要素が必要。

愛称、デザインとも、本作品のほかに200字以内のコンセプトが必要で、デザインのコンセプトは3台共通のものでも可能。

応募は郵送またはメールで受け付ける。郵送の場合は、阿佐海岸鉄道「DMVデザイン募集係」まで。締切は5月31日(消印有効)。

メールの場合は、6月1日0時受信分までが有効となる。応募用紙は阿佐海岸鉄道のウェブサイトに用意されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/16/308606.html/article/2018/04/16/308605.html/article/2018/04/17/308607.html