なぜ、サッカーファンはハリルホジッチ解任に激怒するのか…「勝っても負けても意味がない」

エンターテインメント イベント
ハリルホジッチ監督(2017年8月31日)
ハリルホジッチ監督(2017年8月31日) 全 1 枚 拡大写真

ワールドカップ(W杯)が2カ月後に迫ったところで、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が突如解任され、後任には西野 朗(あきら)技術委員長が就くこととなった。

その理由を様々なメディアが報じているが、数ある理由の中でもっともらしいのは「選手との不仲説」だろう。そこから「選手からの解任要請」があったかもしれない、というのは確かに想像がつくところでもある。

この解任事件があった直後、各メディアの報道がこの事件一色となったが、なかには「そもそも自分に意見した選手をメンバーから外したりしていたんでしょ?そんなことするなら解任されてもしょうがないんじゃないの?」といった意見も少なからず見かけたし、私のサッカーに詳しくない知人の多くは同意見であったように見えた。

そういったサッカーに詳しくない人は、今回の件は「何が問題だったのか」が分かりにくく、SNS上などで見かけるサッカーファンが「なぜ怒り狂っているのか」が見えてきにくい状態にあったのだ。

そんな中、自身を「サッカークラスタ」と位置付けるライターの中村慎太郎(ツイッターアカウント名)氏が『ハリルホジッチ解任でサッカークラスタが発狂している理由』と題しnoteに公開した文章が、注目を集めている。


「ハリル解任でサッカークラスタが発狂している理由を箇条書きでゼロから説明してみる」という趣旨で綴られた文章は、各キュレーションメディアでも取り上げられ、「サッカークラスタではない」多くの人々の目にも止まった。中村慎太郎氏の投稿によると、4月16日昼過ぎの時点で27万PVを記録しているという。

同氏のツイッターには、「サッカークラスタ」からの「代弁してくれてありがとうございます」といった共感の声だけでなく、一般の人からの「サッカーには興味がなかったがこれを読んで問題を理解した」といった驚きの声も多く寄せられた。

詳しくはnoteに記されているが、同氏によると現状はサッカークラスタにとって「勝っても負けても意味がないというどうしようもない絶望」だという。





同氏は、続けて『サッカー協会会長の発言を解読してみた【NHK生出演】』というタイトルのnoteも更新。論理的な切り口で、田嶋幸三会長が出演し、ハリルホジッチ監督の解任理由を述べた会見の発言を「解読」している。

気をつけてあなたの会社もサッカー協会サッカー協会会長の発言を解読してみた【NHK生出演】|中村慎太郎|note(ノート)https://t.co/RTUDr3L3QM— 中村 慎太郎 (@_Shintaro_) 2018年4月16日

同氏によると、田嶋会長の会見内容はサルトルやニーチェといった、歴史上の哲学者たちが語ったことよりも「難解」で、高度な日本人的コンテクストへの理解が求められたため、特殊な方法で解読を試みたということだ。

2つのnoteからは、同氏含め日本の「サッカークラスタ」が現在抱えている怒りと絶望がうかがい知れる。



「サッカー日本代表は、現状勝っても負けても意味がない」なぜ、サッカーファンはハリルホジッチ解任に激怒するのか

《編集部@CycleStyle》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る