ルノー日産三菱、中国最大のライドシェアプラットフォームに参画

自動車 テクノロジー ITS
滴滴出行(ディディチューシン)の公式サイト
滴滴出行(ディディチューシン)の公式サイト 全 1 枚 拡大写真
ルノー日産三菱アライアンスは4月24日、中国最大のライドシェアプラットフォームを手がける滴滴出行(ディディチューシン)が設立した「DiDi Auto Alliance 」に参画すると発表した。

DiDi Auto Alliance は、滴滴出行が主導するライドシェアリングに関するアライアンス。スマートモビリティを促進するとともに、その意味を再定義する。価値感を共有するパートナー企業が一体となり、新エネルギーによる自動車産業を推進することで、DiDi Auto Alliance はビジネスモデルに革新をもたらし、世界最大の車両オペレータープラットフォームとなることを目指す。

2017年、ルノー日産三菱は、中期計画の「アライアンス2022」を発表。その中で、無人の自動運転車による配車サービス事業を開始する計画を盛り込んでいた。

中国は、ルノー日産三菱にとって重要な市場。滴滴出行のようなマーケットリーダーと緊密に協力しながら、中国における将来のスマートモビリティを形づくっていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • Cybellum社の自動車向けサイバーセキュリティのイメージ
  • ルノー・ルーテシア新型
  • フェルナンド・アロンソ(2019年ルマン24時間レース参戦時)
  • ルノーのEVのみによるカーシェアリングサービス「ZITY」
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ