日産の中国主力セダン、シルフィ にEV…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
日産シルフィ・ゼロエミッション
日産シルフィ・ゼロエミッション 全 4 枚 拡大写真
日産自動車は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『シルフィ・ゼロエミッション』を初公開した。

同車は、日産の中国市場における最量販セダン、『シルフィ』をベースに開発されたEV。日産『リーフ』と同じプラットフォームを利用。リーフのコア技術を継承することで、安心感のある安定した走りを追求する。

シルフィ・ゼロエミッションは、100%電動パワートレインならではの力強い走行性能に加えて、先進技術と広い室内空間が特徴。また、航続は中国の測定モードで338kmを達成しており、長距離ドライブを楽しむことができるという。

バッテリーはシート下に配置するEV専用プラットフォームにより、クラストップの広さを持つレッグルームと、快適で広々としたキャビンを追求。人間工学に基づいて設計されたシートは、ヒーター機能をオプション設定することで、快適性を高めた、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • トヨタ C-HR と兄弟車の イゾア(北京モーターショー2018)
  • レクサスES新型(北京モーターショー2018)
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ