トヨタ C-HR にEV、2020年に中国発売へ…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ C-HR と兄弟車の イゾア(北京モーターショー2018)
トヨタ C-HR と兄弟車の イゾア(北京モーターショー2018) 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車の中国法人は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『C-HR』および『イゾア』(IZOA)ベースのEVを2020年、中国市場に投入すると発表した。

C-HRは中国では、トヨタ自動車と広汽集団の中国合弁、広汽トヨタから発売される予定。一方、トヨタ自動車と第一汽車の中国合弁、一汽トヨタ向けに用意されるC-HRの兄弟車が、イゾアとなる。

トヨタは、このC-HRとイゾアをベースに開発したEVを2020年、中国市場に投入する計画。現在、C-HRの電動パワートレーン車は、ハイブリッドのみ。トヨタの持つEVの最新テクノロジーを、2020年に発売予定のC-HRのEVに反映させる。

なおトヨタは、電動車のコア技術のバッテリー、インバーター、駆動系ユニットなどに関して、中国での現地生産化を進めている。これにより、現地に根差した車両電動化をさらに加速させることを目指す、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AZAPA-FDSコンセプト
  • レクサスLF-30(9月26日、北京モーターショー2020)
  • トヨタ(北京モーターショー2020)
  • 日産 アリア(北京モーターショー2020)
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV