チーム無限 マン島出場選手交代、2人体制に縮小

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ジョン・マクギネス選手
ジョン・マクギネス選手 全 2 枚 拡大写真
エムテック(M-TEC)率いるチーム無限(TEAM MUGEN)は27日、英国王室領マン島で5月下旬から始まるTTレースの参戦体制を見直す発表をした。

変更のポンインとは2つある。1つは参戦マシンを3台から2台に縮小することだ。2つめのポイントは、2人の選手に代わる新たなライダーに、マイケル・ルター選手を迎えたことだ。

体制変更の原因は選手の欠場だ。1号車予定のブルース・アンスティ選手が病気の治療のため年内のレース活動を断念したこと。また、ジョン・マクギネス選手も昨年の負傷が完治せず、TTレースの全クラスで出場を取りやめた。チーム無限が出場するのは、EVレーサー神電によるCO2排出ゼロのゼロチャレンジクラスだ。

2人の選手の欠場は、チーム無限にとって大きなダメージだ。マグギネスは無限に初優勝をもたらした立役者である。2台体制で加わったアンスティは、マクギネスと共に4連覇に貢献した。2018年を戦うリー・ジョンストン選手は、電動レーサー「神電」では初出場となる。

ただ、新たに加わるルターは、2011年~2013年までTTゼロチャレンジクラスに出場。モトシズのEVマシンで、無限のライバルとして戦っている。

「経験豊富なルター選手が参加してくれることで、神電プロジェクトがさらに飛躍することを期待する」(チーム無限)

今年のチーム無限は神電六を改良した「神電七」で出場。5連覇を目指す。また、立ちふさがるスピードの壁である時速120マイルを超えを目指す。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 無限 シビック タイプR
  • 予選1位となったチーム無限のルッター選手(マン島TTレース2019)
  • M-TEC TEAM MUGEN(チーム無限)神電 八(東京モーターサイクルショー2019)
  • 東京モーターサイクルショー2019
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/27/309108.html/article/2018/04/27/309107.html/article/2018/04/27/309109.html