三菱 コネクト、新開発モビリティプラットフォーム導入へ…まずは エクリプス クロス から

自動車 ビジネス 企業動向
三菱エクリプスクロス(北米仕様)
三菱エクリプスクロス(北米仕様) 全 3 枚 拡大写真
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは「三菱コネクト」のIoT(モノのインターネット化)サービス向けに、エアリス社の新開発モビリティプラットフォームを導入すると発表した。

エアリス社は、米国カリフォルニア州に本拠を置き、テレマティクスサービスプロバイダーとしての回線提供サービスをベースに、SIMマネジメントのオンラインポータル(SIM管理プラットフォーム)を手がける。また、顧客ニーズに基づいたアプリケーション構築までサービスの領域を広げ、企業のさまざまなIoT関連のニーズに応えるソリューションを展開している。

今回、三菱モータースノースアメリカは三菱コネクトのIoTサービス向けに、エアリス社の新開発モビリティプラットフォームを導入すると発表。まずは新型SUVの『エクリプス クロス』に、エアリス社のモビリティプラットフォームを搭載する。

このプラットフォームは、ファームウェアによる無線更新機能をはじめ、さまざまなコネクテッドカーサービスが可能。三菱モータースノースアメリカは、モバイルアプリケーション、コールセンターサービス、ワイヤレス接続など、幅広いテレマティクスサービスを実現できるため、エアリス社のモビリティプラットフォーム導入を決めた、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ