ビール特急、西武球場行…プロ野球ライオンズ戦に合わせて 7月24-26日

鉄道 エンタメ・イベント
「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」に設置されるバーカウンターのイメージ。
「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」に設置されるバーカウンターのイメージ。 全 1 枚 拡大写真
西武鉄道(西武)は、7月24~26日に開催される、埼玉西武ライオンズ主催試合対オリックス・バファローズ戦に合わせて、「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」を運行する。

これは特急『レッドアロー』の車内にバーカウンターと生ビールサーバーを設置し、約1時間、車内で『ヱビスビール』が飲み放題となるもの。「ヱビスビール特急」は2015年から毎年運行されているが、7月の埼玉西武ライオンズ主催試合に向けて運行されるのは今回が初めてとなる。

時刻は会社帰りに利用できるよう、池袋18時46分頃発~西武球場前19時39分頃着に設定。試合開始時には間に合わないものの、西武では「会社帰りにメットライフドームへ向かう道中で、埼玉西武ライオンズを応援しながら美味しいビールを味わってみてはいかがでしょうか」とアピールしている。

参加費用は、ビール特急参加券、おつまみ、観戦チケット(3塁側内野指定席C)、メットライフドーム内での『ヱビスビール』引換券が付いて、中華プランが3980円、和食プランが4480円。運賃は別途必要となる。

申込みは、5月31日23時59分までローソンチケットのウェブサイトで受け付けており、申込み多数の場合は抽選となる。抽選発表は6月6日15時。

移動ロスを極力短く、有益な時間を創出したいという理念が社名に込められているそうだ。同社は1998年に世界初…

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。

ピックアップ

Response.TV