トヨタ カローラ にPHVを設定し、NEVラインナップを強化…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
トヨタ・カローラPHV(北京モーターショー2018)
トヨタ・カローラPHV(北京モーターショー2018) 全 27 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、4月25日から5月4日まで中国にて開催された北京モーターショー2018において、『カローラPHV』と『レビンPHV』を初公開した。

カローラPHVは、トヨタの中国における主力コンパクトセダン『カローラ』がベースとなり、中国政府が推し進めるEVやPHVを指す新エネルギー車、NEVに該当する。

トヨタは、主力車種であるカローラや兄弟車のレビンにPHVを設定することにより、NEV車種の強化を図る。

このカローラPHVは、EVモードの航続として50km以上を想定しており、レビンPHVと共にトヨタ初の海外生産となるPHVとして、2019年より中国での現地生産を開始する予定だ。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/14/309655.html/article/2018/05/14/309654.html/article/2018/05/14/309656.html