東京R&D、FC小型トラックなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018 | レスポンス(Response.jp)

東京R&D、FC小型トラックなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー 安全
東京R&Dと関連会社のPEUS EVが製作したFCトラック(参考画像)
東京R&Dと関連会社のPEUS EVが製作したFCトラック(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
東京アールアンドデーは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に、グループ会社のピューズ、東京R&Dコンポジット工業、日本ハイドロシステム工業と共同出展する。

東京アールアンドデーは車両開発技術にて「次期開発車両」を、環境省事業では「燃料電池小型トラックの開発」を紹介するほか、EV・FCV向け車両遠隔監視&データ分析ソリューション「Visual M2M(最新版)」などを提案する。

またピューズ社は充電スタンドやEV用モータ、VCU、バッテリパックなどを、東京R&Dコンポジット工業はCFRP製部品を、日本ハイドロシステム工業は配管・模型ロボットなど、次世代自動車技術に繋がる幅広い要素を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ