デンソー、米スタートアップ企業Metawave社に出資 車載ミリ波レーダーの開発加速

自動車 テクノロジー 安全
Metawave社(webサイト)
Metawave社(webサイト) 全 1 枚 拡大写真
デンソーは5月17日、車両や歩行者などを検知するミリ波レーダーの技術開発加速を目的に、車載ミリ波レーダーの最先端技術を開発する米国のスタートアップ企業Metawave社に出資したと発表した。

デンソーは、自動運転や安心で安全なクルマ社会の実現に向け、車両周辺状況の認知に必要なセンサーの開発に取り組んでいる。ミリ波レーダーは、ミリ波帯の電波を用いて周囲の状況を探知する走行環境認識センサー。衝突軽減ブレーキや、先行車との車間距離を一定に保って走行するアダプティブ・クルーズ・コントロールのセンサーとして使用されている。デンソーのミリ波レーダーは、車両や歩行者を認識する画像センサーとあわせて、今年1月に発売されたトヨタ『アルファード』『ヴェルファイア』にも搭載されている。

今回出資するMetawave社は、車載ミリ波レーダー・データー通信アンテナの開発を行うスタートアップ企業。レーダーの検知範囲の拡大、認識性能の向上、小型化を実現するためのコア技術を持つ。デンソーは今回の出資によりミリ波レーダー開発を加速させていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • yuriCargo
  • 電池ECU/電動車両の電池を安全に制御する「電池ECU」
  • QRコード
  • Factory-IoTプラットフォーム
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV