泉谷しげるとトロッコ列車に乗って花火見物しようぜ 5月25日

鉄道 エンタメ・イベント
「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として行なわれるイベント。泉谷しげるも「一緒に乗ろうぜ!!」と呼びかけている。
「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として行なわれるイベント。泉谷しげるも「一緒に乗ろうぜ!!」と呼びかけている。 全 1 枚 拡大写真
熊本県の立野駅(南阿蘇村)と高森駅(高森町)を結ぶ南阿蘇鉄道は5月25日、南阿蘇白川水源駅(南阿蘇村)で「泉谷しげると花火を見ようぜ」を開催する。開催時間は18時から21時まで。

5月26日に、南阿蘇村の熊本県野外劇場『アスペクタ』で開催される「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として開催されるもので、高森駅を19時45分に発車する花火観覧向けの臨時トロッコ列車も運行。『春夏秋冬』『黒いカバン』などの楽曲で知られるシンガーソングライターの泉谷しげるも同乗し、現地ではトークやライブも開催される。

トロッコ列車の予約は、南阿蘇白川水源駅で先着順に受け付けている。乗車費用は1座席1000円で、定員は70人。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2015年3月の開業以来、1日平均の利用者数は1万1000人台を推移しているえちごトキめき鉄道だが、当初の方針どおり、開業から6年目となる2020年4月に運賃改定に踏み切ることになった。写真は「日本海ひすいライン」のET122形。
  • 今年が最後となるイギリス向け「Class800」の陸送見学。
  • 延伸区間の浦添前田駅付近を行く試運転列車。2019年4月。
  • 2012年に秋田県内で運行されたSL列車。
  • 2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 4号車
  • QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。
  • 旧北リアス線区間では太平洋から昇る朝日を拝める『さんりくあさかぜ号』。写真は旧北リアス線の列車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/21/309934.html/article/2018/05/21/309933.html/article/2018/05/21/309935.html