泉谷しげるとトロッコ列車に乗って花火見物しようぜ 5月25日

鉄道 エンタメ・イベント
「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として行なわれるイベント。泉谷しげるも「一緒に乗ろうぜ!!」と呼びかけている。
「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として行なわれるイベント。泉谷しげるも「一緒に乗ろうぜ!!」と呼びかけている。 全 1 枚 拡大写真
熊本県の立野駅(南阿蘇村)と高森駅(高森町)を結ぶ南阿蘇鉄道は5月25日、南阿蘇白川水源駅(南阿蘇村)で「泉谷しげると花火を見ようぜ」を開催する。開催時間は18時から21時まで。

5月26日に、南阿蘇村の熊本県野外劇場『アスペクタ』で開催される「阿蘇ロックフェスティバル」の前夜祭として開催されるもので、高森駅を19時45分に発車する花火観覧向けの臨時トロッコ列車も運行。『春夏秋冬』『黒いカバン』などの楽曲で知られるシンガーソングライターの泉谷しげるも同乗し、現地ではトークやライブも開催される。

トロッコ列車の予約は、南阿蘇白川水源駅で先着順に受け付けている。乗車費用は1座席1000円で、定員は70人。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プラレール60周年SLスチーム号
  • 2020年春のダイヤ改正で東海道新幹線は全列車がN700Aタイプに統一される見込み。
  • 『ALFA-X』先頭車のエクステリアデザイン。上が1号車、下が10号車。
  • 三鉄カラーとなるデオ710形712号のイメージ。
  • 大阪モノレール (AC)
  • 美術工芸品として国の重文に指定される運びとなったホジ6014号。15m級の車体で、機関走行部分を容易に取り外しできる構造となっている。車内がほぼ新製当時の状態で残されている点も見逃せない。
  • 西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺色をベースにしたエクステリアイメージ。前面にはヘッドマークも付く。
  • 東北本線では初の運行となる『SL銀河』。

ピックアップ