テスラ EV、スマホ画面で救援依頼が可能に…新コネクトサービス導入へ

エコカー EV
テスラ・モデル3(北京モーターショー2018)
テスラ・モデル3(北京モーターショー2018) 全 2 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOは5月20日、テスラ車のオーナー向けに、新たなコネクティビティサービスを近い将来、導入すると発表した。

このコネクティビティサービスは、万一の故障などの際、テスラの技術者が現場まで修理に来てくれる救援サービス。この救援サービスが近い将来、ユーザーがスマートフォンなどの画面を操作することで、依頼できるようになる。

テスラはすでに、ワイアレスアップデートで車両を改善し、サービスセンターへの入庫頻度を最小限に抑える制度を導入。リモート診断により9割の不具合は、サービスセンターへの入庫なしに診断することを可能にしている。

また、「スマートアラート」では、ユーザーに必要なアクションを通知。オーナー自身で行える簡単な修理方法を学んだり、テスラ サービスチームとのやり取りが行える。

イーロン・マスクCEOは、「間もなくテスラ車のオーナーは、(スマートフォンなどの画面を)数回タップするだけでサービスを依頼できるようになる」、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニューヨークのテスラ販売店
  • ドイツで充電器設置の展開を拡大したテスラ(5月26日)
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ