パイオニアなどHEREパートナー4社、世界標準の自動運転向け高精度マップ実現に向けアライアンス結成

自動車 テクノロジー ITS
HERE社(ウェブサイト)
HERE社(ウェブサイト) 全 1 枚 拡大写真
オランダHERE社のパートナーである、インクリメントP、パイオニア、NavInfo(中国)、SKテレコム(韓国)の4社は5月22日、自動運転車向けのグローバルスタンダードな高精度デジタル道路地図を2020年から提供するため、「OneMap Alliance」を結成したと発表した。

自動運転車が安全かつ効率的に走行するために、グローバルに整合のとれた地図システムは必要不可欠。今回、HERE社と各地域のパートナーである4社は、HERE社が提唱する「HERE HD Live Map」の規格と仕様に適合したグローバルかつダイナミックな高精度地図の実現を目指し、アライアンスを結成した。

HD Live Mapは、何百万台もの自動車に搭載されたカメラやセンサーによるライブデータを活用して地図データの補正や修正を自動的に行う。また、トラックや建物などによって視界が遮られる場合でも、前方の道路形状や交通規制などを紐付けた道路情報を途切れなく車両に供給するほか、交通渋滞、事故発生地点、最適経路などの情報も提供している。同サービスは北米、欧州、韓国、シンガポールおよびアラブ首長国連邦において2018年末までに100万km以上の道路をカバーする予定だ。

アライアンスでは今後、各国の自動車メーカーから市場に投入される自動運転車に対して、地域の制約にとらわれることなく、整合のとれた高精度地図を提供することを予定。また、自動運転やモビリティサービス、スマートシティなどの将来を担っていく、新たな戦略的パートナーのアライアンスへの参画も募っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • docomo in Car Connect
  • 静電タッチセンサーと赤外線センサーを用いた電動オートホールドを搭載
  • イメージ 《写真 アーム》
  • シンプルな運用で事故リスクを低減
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/22/309971.html/article/2018/05/22/309970.html/article/2018/05/22/309972.html