【人とくるまのテクノロジー2018】開幕…自動運転は社会の期待に応えられるか

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱プレシジョン(人とくるまのテクノロジー2018)
三菱プレシジョン(人とくるまのテクノロジー2018) 全 18 枚 拡大写真
自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、23~25日の会期で、パシフィコ横浜(横浜市)において開催される。主催は自動車技術会。

日本国内の四輪・二輪自動車メーカー、部品、材料、テスティング、CAEソリューションなどの企業各社をはじめ、関係協会・団体など、自動車産業に関わるあらゆる業界から企業が展示する。ワークショップ、特別講演、体験イベントとして試乗会などの特別企画も開催する。

主催者の自動車技術会による講演会、展示のテーマは「社会を、生活を変えてゆく、自動運転技術」。自動車技術会は、自動車産業が大きな転換期を迎えている、とする。「自由な移動の実現」という人々の機会に向かい、往来の延長ではない新たな技術が進化を始めているのだ。自動運転実現に向け技術を進化させ、社会・人々の期待を形にするため、自動車産業に携わる人々は「何を変えるのか」。自動車技術会は展示・講演を通じて、考える場を提供する。

「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」は、最新の自動車技術を国内外の技術者・研究者に紹介する、国内最大規模の展示会だ。来場者数は9万人を見込む。入場無料。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ