ケーヒンはEV制御、ガソリン車用燃料マネジメントのモジュールを展示…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ケーヒン(人とくるまのテクノロジー2018)
ケーヒン(人とくるまのテクノロジー2018) 全 6 枚 拡大写真
四輪二輪の燃料供給、ハイブリッドシステム、電子制御製品などを開発・製造するケーヒンは、自社のEV用制御システム、ガソリン車用・小型二輪車用エンジンマネジメントシステム、空調システムを「人とくるまのテクノロジー展」に展示。

そのなかでも、EV用制御システムのパワーコントロールユニットやセル電圧センサー、バッテリーマネジメントシステムなどをアピール。

ケーヒンのパワーコントロールユニットは、「業界トップクラス」という出力密度4.3kVA/Lという高出力で、小型化を実現。制振耐振設計でトランスミッションに直接マウントできるようになり、部品点数削減に貢献するという。

また、セル電圧センサーは、電池電極とセル電圧センサー基板の間のフレキシブルプリントサーキット接続と、バスバープレート一体化技術で、コストを削減。基板の片面側に実装することで、その薄さは13ミリにとどめることができ、車内空間拡大や燃費向上につながる。

これらユニット・センサー類を制御するマネジメント電子制御ユニットもケーヒンの一押しプロダクトで、「EV用とガソリン車用の電子制御ユニットを共有化することで、さまざまなタイプのパワートレインに搭載できるようにした」という。

さらに、ガソリン車用の部品には「世界最小クラス」や「世界トップクラス」といった文字が踊る。同社のガソリン直噴エンジン対応インジェクターは、35MPaの高圧対応モデル。燃料噴射の微粒化、作動可能燃料圧力、応答作動などは「世界トップクラス」と同社。電子制御スロットルボディは、材料を最適化し再構成することで、世界最小・最軽量を実現したという。

同社は今回の出展について、「これらモジュールを組み合わせひとつにまとめて紹介するの初めて。ブース正面に置いた大型レイアウト展示で確かめてみて」と話していた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋に出展したNOKブース
  • アイシンとスギ薬局が豊明市の支援の下、「チョイソコ」の事業化をスタートさせた。車両は2台で運用中
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/24/310070.html/article/2018/05/24/310069.html/article/2018/05/24/310071.html