無人回送&自動駐車が可能に---メルセデスベンツ博物館

自動車 テクノロジー ITS
メルセデスベンツ博物館の全駐車場に導入される自動バレットパーキング
メルセデスベンツ博物館の全駐車場に導入される自動バレットパーキング 全 1 枚 拡大写真
ダイムラーは5月28日、ドイツのメルセデスベンツ博物館のすべての駐車場において2018年12月から、スマートフォンのアプリで駐車を遠隔操作できる「自動バレット(バレー)パーキング」を利用できるようにすると発表した。

自動バレットパーキングのシステムでは、駐車場に設置されたセンサーが、車両が進む経路と周囲をモニター。車両を進むべき方向へと案内する。駐車場インフラから発信されるコマンドを車両側が受信すると、車両ではそのコマンドを安全に運転操作に変換し、必要に応じて適時に車両を停止させる。

ドライバーは車両の動きを監視しなくても、スマートフォンから駐車の指示を出すだけで、所定の駐車スペースに車両を自動的に駐車することが可能。この自動バレットパーキングは、自動運転につながる重要なマイルストーンとなるという。

メルセデスベンツ博物館の駐車場では、車両が自動的に乗車エリアまでやってくる。降車も同じく簡単で、駐車場の降車エリアで車両から離れ、スマートフォンアプリを使って操作をするだけ。駐車場のインテリジェントなシステムが車両を認識すれば、車両が始動し、所定のスペースに自分で戻っていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスマイバッハ・ビジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメート・ラグジュアリー(参考画像)
  • メルセデス AMG A 35 4MATIC Edition1
  • メルセデスベンツ・ヴィジョン EQS
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/30/310282.html/article/2018/05/30/310281.html/article/2018/05/30/310283.html