10ベストインテリア、トヨタ カムリ やレクサス LS が選出…日系ブランドは3車種

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・カムリ・ハイブリッド新型(北米仕様)
トヨタ・カムリ・ハイブリッド新型(北米仕様) 全 5 枚 拡大写真
米国の『ワーズオートワールド』誌は5月30日、米国ミシガン州デトロイトにおいて、「10ベストインテリア2018」を発表した。日本メーカー車では、新型トヨタ『カムリ』や新型レクサス『LS』など3車種が選ばれている。

この賞は、米国で唯一、車のインテリアに着目したアワード。2017年に米国市場に投入された新型車とマイナーチェンジ車を対象に、同誌の編集者が、優れたインテリアを持つモデルを選び出した。

選考基準は、デザイン、快適性、情報表示のわかりやすさ、品質、安全性など。なお同誌が毎年発表している「エンジンオブザイヤー」は、エンジンを基準に選ぶエンジンオスカーとして知られる。

10ベストインテリア2018は以下の通り。

シボレー・エクイノックス
ヒュンダイ・コナ
インフィニティQX50
キア・スティンガー
レクサスLS500
リンカーン・ナビゲーター
ポルシェ・パナメーラ
ラム1500
レンジローバー・ヴェラール
トヨタ・カムリ

日本メーカー車では、日産『スカイラインクロスオーバー』後継車の新型インフィニティ『QX50』、新型レクサス『LS500』、新型トヨタカムリの3車種が選出された。

ワーズオートワールド誌は、新型カムリについて、「新型のインテリアは、大胆な色使いと魅力的なラインで、ミドルセダンの内装の基準を引き上げた」とコメント。新型レクサスLSについては、「完全新設計のフラッグシップモデルは、24インチのフルカラーヘッドアップディスプレイなどの先進装備を持つ」と評価している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 初代トヨタ・セリカカムリ(1980年)
  • トヨタ カムリ WS ブラックエディション(アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック)
  • 懐かしのカーカタログ
  • トヨタ カムリ
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ