三菱 ミラージュ、最も維持費の安い新車と認定…北米で2年連続

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
三菱 ミラージュ(北米仕様)
三菱 ミラージュ(北米仕様) 全 1 枚 拡大写真
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは6月4日、『ミラージュ』がオートモーティブサイエンスグループ(ASG)の調査において、「ベストエコノミーパフォーマンスカー」、「ベスト5オールアラウンドパフォーマンス」の2賞を獲得した、と発表した。

ASGは、環境政策コンサルタントのエコ・イノベーションLLCが設立した研究グループ。ASGの今回の調査では、2018年モデルの1664台について、経済性やパフォーマンスなどの面から、最高評価の自動車に賞を授与した。

ミラージュは2年連続で、ベストエコノミーパフォーマンスカー賞を受賞。ASGは、「ミラージュは北米市場の2018年モデルの中で、所有コストが最も安く、かつ最高のコストパフォーマンスを備えている」とした。

またミラージュは、ASGからベスト5オールアラウンドパフォーマンス賞も受賞。ミラージュは、購入後半年間の維持費が、北米で最も低く抑えられる点が評価されての受賞となった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 ミラージュ 改良新型(米国仕様)
  • BluEarth-GT AE51
  • 三菱 ミラージュ
  • 三菱 ミラージュ 改良新型(欧州仕様)
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ