キャデラック、新型クロスオーバー車に「V2X」搭載へ 2023年までに

自動車 テクノロジー ネット
キャデラックCTSのV2Vシステム
キャデラックCTSのV2Vシステム 全 2 枚 拡大写真
キャデラックは6月6日、2023年までに市販する新型クロスオーバー車に、「V2X」コミュニケーション技術を搭載すると発表した。

キャデラックは2017年、『CTSセダン』に「V2V」(車車間通信)を導入。これを一歩進めて、2023年までにV2Xの実用化を目指す。

V2Xは、通信が車車間に限定されるV2Vとは異なり、車とあらゆるモノとの直接通信を可能にするもの。セルラーV2Xでは、ミリ波レーダーやレーザースキャナー「LIDAR」、カメラシステムなどの車両に搭載されたセンサー技術により、車両の通信能力を向上させることが見込まれている。

V2Xを利用すると、危険な道路状況や信号機の状態、道路工事の状況などを、車両に通知できる。キャデラックは、事故を回避するために、ドライバーに危険情報を警告することも可能、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャデラックXT4
  • キャデラック XT5 (XT5クロスオーバー)改良新型
  • キャデラックの車載スクリーンから駐車場を予約し料金決済も可能なシステム
  • キャデラック CTS 2019年モデル
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/07/310618.html/article/2018/06/07/310617.html/article/2018/06/07/310619.html