Jリーグ・セレッソ大阪イベントにakippaが出展、駐車場シェアをアピール 6月17日 | レスポンス(Response.jp)

Jリーグ・セレッソ大阪イベントにakippaが出展、駐車場シェアをアピール 6月17日

自動車 ビジネス 国内マーケット
5月5日に実施したシェアイベント akippaブースの様子
5月5日に実施したシェアイベント akippaブースの様子 全 2 枚 拡大写真
駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは、Jリーグ「セレッソ大阪」を運営するセレッソ大阪が6月17日に開催するセレッソ大阪ファン感謝デー「セレッソ学園SAKURA祭」に初出展する。

5月5日に開催した「セレッソ大阪×シェアリングエコノミー~セレッソ大阪ファミリーデー~」では、 目標来場者数2万5000人に対して実際には2万9000人以上が来場した。akippaが出展した「駐-1グランプリ」のブースも好評で、多くの人に駐車体験をしてもらい、akippaの認知度アップを図った。

前回イベントが好評だったことから「セレッソ大阪ファン感謝デー」にも出展、多くのサポーターの駐車場問題を解決していく。

akippaでは部活動「自動車部」と、セレッソ選手による「akippa駐車場ダービー」を実施する。参加者は「自動車部部員」としてバッテリーカーで、全国各地のさまざまな駐車スペースを利用できるakippaの特徴をイメージした3つの駐車ゾーンの駐車スピードを競ってもらう。

参加者全員にセレッソ大阪×akippaのコラボノベルティをプレゼントをするほか、タイムが速かった優秀部員には、選手との3ショット写真と直筆サインを贈呈する。

また、セレッソ選手2人が運転するバッテリーカーのどちらが早くゴールするかを予想する「akippa駐車場ダービー」も実施する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ