京都市が地元企業へ MIRAI 無料貸出 タイムズが事業受託

自動車 ビジネス 国内マーケット
トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
タイムズモビリティネットワークスは、京都市が実施するモニター制度による燃料電池自動車(FCV)貸出事業をタイムズカーレンタルが受託、トヨタ『MIRAI』を同市内法人・団体を対象に6月18日より貸し出しを開始する。

タイムズは、2016年8月より、京都市が取り組むFCVの有料カーシェアリング事業(レンタカー事業)を受託し、「タイムズカーレンタル京都新幹線口店」にてMIRAIの貸出業務を行ってきた。

今年度、京都市は新たな取り組みとして、市内に事業所を構える法人および個人事業主、市内に活動拠点を置く団体を対象としてMIRAIの貸出を実施。業務やイベントで外部給電などにも活用してもらうことで、FCVの多様な魅力を広くPR。水素エネルギーの普及拡大を図る。

ミライの貸出は、タイムズカーレンタル京都新幹線口店にて6月18日より開始。あらかじめ京都市の担当窓口から予約することで利用できる。貸出料金は無料(水素料金は利用者負担)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタMIRAI
  • フロントグリルが大型化し、より精悍な印象に。
  • トヨタ MIRAI(ミライ)コンセプト(東京モーターショー2019出品車)
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/11/310703.html/article/2018/06/11/310702.html/article/2018/06/11/310704.html