自動運転のEVスポーツセダン、レベル4目指す…中国BYTONがCESアジア2018で発表

エコカー EV
中国BYTON社のK-Byte
中国BYTON社のK-Byte 全 5 枚 拡大写真
中国のBYTON社は6月12日、中国で開催したCESアジア2018のプレビューイベントにおいて、新型EVコンセプトカー、『K-Byte』を初公開した。

BYTON社は、中国南京市に本拠を置くスタートアップ企業。BMW出身のエンジニアが立ち上げ、中国の自動車大手、第一汽車(FAW)が出資している。

このBYTON社が、最新の電動パワートレーン技術開発の成果を反映させた新型EVコンセプトカーが、CESアジア2018で初公開されたK-Byteとなる。

K-Byteは、4ドアのスポーツセダンEVを提案するコンセプトカー。K-Byteには、自動運転テクノロジーも搭載。2019年に自動運転のレベル3、2020年にレベル4を目指す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ