スズキ スイフト 新型、インド最速で10万台を販売…およそ5か月で達成

自動車 ビジネス 海外マーケット
スズキ・スイフト新型
スズキ・スイフト新型 全 5 枚 拡大写真
スズキのインド子会社、マルチスズキは6月13日、新型『スイフト』がインド市場の乗用車として最速で10万台の販売を達成した、と発表した。

インド向けの新型スイフトのエンジンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.3リットル。トランスミッションは、5速MTとAGS(オートギアシフト)が選択できる。マルチスズキによると、両エンジンともに燃費はセグメントトップ。とくにディーゼルの燃費は、28.4km/リットルを実現しているという。

新型スイフトは、インド現地生産車としては、3世代目モデルになる。車両の組み立ては、グジャラート工場が担当する。

マルチスズキは2018年1月下旬、インド市場において、インドで現地生産した新型スイフトの販売を開始。6月13日、この新型スイフトがインド市場の乗用車として最速で10万台の販売を達成した。販売開始から145日(およそ5か月)での10万台達成、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スイフト・ハイブリッドMGリミテッド
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • マルチスズキのインド・グジャラート州マンドラ港からの輸出100万台目となったディザイア
  • スズキ・スイフト
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/15/310891.html/article/2018/06/15/310890.html/article/2018/06/15/310892.html