JR貨物、大阪北部地震で運休 国内物流に影響する可能性

鉄道 企業動向
貨物列車の例
貨物列車の例 全 1 枚 拡大写真
日本貨物鉄道(JR貨物)は、6月18日7時58分ごろ大阪府北部を震源地とする地震の影響で、広範囲にわたる区間が不通となっており、これらの区間を発着・通過する貨物列車の運転を見合わせている。

地震で大阪ターミナル線と一部の駅・区間の設備に被害が発生している。

貨物列車が運行を見合わせているのは東海道・山陽線の米原~上郡、北陸線・米原~敦賀、湖西線・山科~近江塩津、梅田貨物線・大阪環状線・桜島線・吹田ターミナル~安治川口、城東貨物・おおさか東線・吹田ターミナル~百済ターミナル、大阪ターミナル線・吹田ターミナル~大阪ターミナル。

18日の運転中止区間を走行する予定の列車はすべて運休となる予定で、これ以外の区間でも一部列車に運休が発生する見通しで、今後、国内の物流に影響が及ぶ可能性がある。

復旧の見込みはたっていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。
  • 2019年10月の台風被害で浸水した長野新幹線車両センターのE7系。JR東日本が保有する8編成がすべて廃車となった。

ピックアップ