ボルボ S60 新型、「ポールスター・エンジニアード」設定…415hpの高性能PHV

エコカー EV
ボルボS60新型ベースのポールスター・エンジニアード
ボルボS60新型ベースのポールスター・エンジニアード 全 8 枚 拡大写真
ボルボカーズは6月20日、新型『S60』に「ポールスター・エンジニアード」を設定すると発表した。

ボルボカーズは2017年、「ポールスター」を独立ブランドとし、そのノウハウを電動車両の高性能化に反映させると発表。ボルボカーズは、主力車種にプラグインハイブリッド車(PHV)を展開しており、EVの市販計画もある。ポールスターは、これらの電動車両のチューニングを担当していく。

ボルボカーズは新型S60に、ポールスターバージョン、「ポールスター・エンジニアード」を設定。新型S60の最上級グレードであり、電動パワートレーンの「T8ツインエンジン」を搭載するプラグインハイブリッド車(PHV)のみに用意される。

PHVのT8ツインエンジンをベースに、ポールスターが高性能化。PHVシステムのスペックは、最大出力が415hp、最大トルクが68.3kgm。標準のT8ツインエンジンの400hp、65.2kgmに対して、15hp、3.1kgmの強化が図られた。

また、専用の軽量ホイールは、ゴールドのブレンボ製ブレーキキャリパーを見せるためのオープンデザイン。エグゾーストはブラッククローム、シートベルトはゴールドで仕上げられる。ブレーキパッドは耐熱性を向上。マルチリンクの前後サスペンションには、オーリンズ製のダンパーを組み込むなど、足回りを強化している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/21/311102.html/article/2018/06/21/311101.html/article/2018/06/21/311103.html