高速バスの貨客混載で農産物を輸送 京王電鉄グループ

自動車 ビジネス 国内マーケット
高速バス車両
高速バス車両 全 4 枚 拡大写真
京王電鉄は、長野県駒ヶ根市と高速バスを活用した貨客混載で長野県駒ヶ根市の農産物を東京へ輸送し、販売する販路拡大事業を6月26日に開始する。

今回の事業は、同社が岐阜県高山市と連携し、2017年9月に開始した貨客混載による地方の農産物を輸送・販売する取り組みを拡大させるもので、京王バス東が運行している高速バス路線・伊那飯田線(新宿~駒ヶ根間)で、新宿方面行きのトランクを活用して長野県駒ヶ根市の野菜や果物を東京へ定期的に輸送して、京王ストア八幡山店で販売する。

高速バスで輸送することで、高速バスの生産性向上を図る。1便あたり30~60kgを輸送する。

今回の取り組みは、これまでの連携に加え、駒ヶ根市の新鮮な農産物の販売を通じた京王ストアの魅力度向上、駒ヶ根市の知名度向上と新たな観光需要の掘り起こしを目指して実施するもの。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。
  • 「SoundUD」を活用した多言語サービス
  • 京阪では京阪線と大津線の鉄道線部分のみの運賃改定が、今回、申請されている。
  • 京急では平日の朝通勤時間帯の上り普通列車を利用した際にポイントを付与する「KQスタんぽ」を実施。
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/22/311120.html/article/2018/06/22/311119.html/article/2018/06/22/311121.html