「鉄道むすめ」キャラの切符を発売…七夕が誕生日の「星川みほし」 7月1日から

鉄道 エンタメ・イベント
台紙や切符の絵柄は星川駅発売分(左)と上星川駅発売分(右)で異なる。
台紙や切符の絵柄は星川駅発売分(左)と上星川駅発売分(右)で異なる。 全 1 枚 拡大写真
相模鉄道(相鉄)は、7月1日から「星川みほしバースデー記念入場券セット」を発売する。

「星川みほし」は、トミーテックが展開する全国の鉄道事業者の制服を着た女性をテーマにした「鉄道むすめ」の相鉄版キャラクターで、2016年に登場。その名は横浜市保土ヶ谷区にある星川駅と上星川駅が由来となっている。

今回発売される入場券セットは、7月1~14日に実施する「星川みほしバースデーキャンペーン」に合わせて発売。7月7日が「星川みほし」の誕生日であることから、七夕をデザインした台紙が付いている。

7月1日から8月31日までは星川・上星川の各駅で1200セットずつを発売。在庫がある場合は、9月1日から12月29日まで海老名駅(神奈川県海老名市)改札外コンコースの「そうてつグッズストア」で発売される。

発売額は450円で、1人1回3セットまで購入できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV