【人とくるまのテクノロジー展2018名古屋】過去最大規模で7月11-13日開催

自動車 ニューモデル モーターショー
自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展名古屋(参考画像)
自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展名古屋(参考画像) 全 3 枚 拡大写真
自動車技術会は、2018年7月11日~13日の3日間、愛知県名古屋市のポートメッセなごやで「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」を開催する。

イベントは自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展として横浜でスタートした。名古屋では、2014年に1回目が開催され今回が4回目となる。

今回は366社が出展する予定で、名古屋での最大規模の開催となる。このうち、名古屋初出展は92社。出展内容では「世界初」1件、「日本初」9件がそれぞれ発表される。

主催者企画として「モノづくりニッポン、未来を拓く”知恵・技・匠”」をテーマに、様々な要素技術にスポットを当て、新たな可能性を持つユニークな技術を日本各地から集めて展示する。

一般道路の試乗会としては12車種を用意する。また、日替わりで計15台の往年の名車同乗体験を用意する。これに加え、軽自動車による近未来型エアレスコンセプトタイヤの同乗体験も実施する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋に出展したNOKブース
  • アイシンとスギ薬局が豊明市の支援の下、「チョイソコ」の事業化をスタートさせた。車両は2台で運用中
  • 日産 フェアレディZ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ