ジープ コンパス、安全装備充実の「セーフティエディション」発売へ

自動車 ニューモデル 新型車
ジープ・コンパス・セーフティエディション
ジープ・コンパス・セーフティエディション 全 13 枚 拡大写真
FCAジャパンは、コンパクトSUV ジープ『コンパス』(Jeep Compass)に、安全性と機能性を高めた「セーフティエディション」を設定し、7月7日より販売を開始する。

コンパス・セーフティエディションは、スポーティな外観や充実した装備の「ロンジチュード」をベースに、最上級グレード「リミテッド」に採用されているすべての先進安全機能を装備する。

前走車に衝突しそうになった際に警告を与え、それでも回避行動が取られない場合は緊急ブレーキを作動する「クラッシュミティゲーション付前面衝突警報」、高速道路の車線変更時や駐車場からの出庫時に安全運転をサポートする「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」、車庫入れ時の安全確認をサポートする「ParkSense フロント・リアパークアシスト」、および「Parkviewリアバックアップカメラ」を装備。さらに、駐車時にステアリング操作をアシストする「ParkSense 縦列/並列パークアシスト」なども搭載する。

ボディカラーはヴォーカルホワイト、エグゾティカレッド、ハイドロブルーの3色を設定。価格はベース車に比べ18万円高の369万円。安全機能を大幅に充実させながら価格を抑えた。

新型ジムニー/ジムニーシエラは、半世紀におよぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつ…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ