ホンダ HR-V、最新の先進運転支援とコネクト搭載…米2019年モデル

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダHR-V(ヴェゼル)の2019年モデル
ホンダHR-V(ヴェゼル)の2019年モデル 全 2 枚 拡大写真
ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月28日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』)の2019年モデルを発表した。

2019年モデルには、先進運転支援システム(ADAS)として、最新の「ホンダセンシング」を採用。ホンダセンシングには、歩行者検知機能を備えた衝突軽減ブレーキ(CMBS)、低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、路外逸脱抑制機能(RDM)などがある。

また、2019年モデルでは、最新の車載コネクティビティを導入。Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」に対応した新しいディスプレイオーディオが装備された。

さらに2019年モデルでは、遮音材の追加により、静粛性を向上。可変式電動パワーステアリングも装備された。新たに、「スポーツ」と「ツーリング」のトリムも追加されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・ヴェゼル現行
  • ヴェゼル ハイブリッドRSのフロントビュー。栃木の龍王峡にて。
  • ホンダ ヴェゼル ハイブリッドRSのフロントビュー。フェンダーアーチモールはピアノブラック光沢仕上げ。あくまでオンロード主体であることを意識させられる部分だ。
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV