スズキ、ソリオ/ソリオ バンディット を一部改良 予防安全技術を強化

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ソリオ ハイブリッドSZ(ラッシュイエローメタリック)
スズキ ソリオ ハイブリッドSZ(ラッシュイエローメタリック) 全 11 枚 拡大写真
スズキは、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた小型乗用車『ソリオ』『ソリオ バンディット』を7月20日より発売する。

今回の仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に、夜間の歩行者も検知する機能を追加。さらに、ロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストを追加した。また、後退時の衝突回避または被害軽減を図る「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」を、「デュアルカメラブレーキサポート」とセットで採用した。

さらに全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることを知らせる「左右確認サポート機能」を追加。「ソリオ ハイブリッドMZ/SZ」、および「ソリオ バンディット」には、SRSカーテンエアバッグを標準装備し、衝突安全性能を高めた。

デザイン面では、15インチアルミホイールやシート表皮を変更したほか、ソリオはフロントロアグリルにメッキ加飾を追加してより上質な印象に、ソリオ バンディットはフロントバンパーやフロントグリルをより存在感のある意匠に変更など、それぞれの個性をより引き立たせる仕様変更を行った。

価格はソリオが145万9080円から217万9440円、ソリオ バンディットが194万4000円から216万8640円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/02/311443.html/article/2018/07/02/311442.html/article/2018/07/02/311444.html