住友電工、EV大出力充電器用コネクタ付ケーブルを発売 CHAdeMO仕様最大容量

エコカー EV
住友電工 SEVD-11U
住友電工 SEVD-11U 全 1 枚 拡大写真
住友電工は、EV大出力充電器用コネクタ付ケーブル「SEVD-11U」(UL認証)の販売を開始した。

「SEVDシリーズ」は、住友電工が2011年から販売を開始している電気自動車の充放電器に取り付けて使用するコネクタ付ケーブル。販売開始から、優れた操作性や安全性、耐久性、デザイン性により、多くの支持を得ている。

最近では、電気自動車に搭載するバッテリー容量が増加し、急速充電器の大出力対応が求められていることから、SEVDシリーズの新ラインナップとして、CHAdeMO仕様として最大容量となる大出力充電用のコネクタ付ケーブル SEVD-11Uを開発し、販売を開始した。

新製品は同社従来品「SEVD-02U」の定格DC500V、125A充電に対し、定格DC600V、200Aと約1.9倍の大出力充電を実現している。また、SEVDシリーズの設計を踏襲し、優れた操作性と高い安全性を確保。北米の安全規格であるUL認証も取得している。

住友電工では今後、EUの安全規格であるCE認証タイプと国内向けのラインナップも追加する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 住友電工ブースのイメージ
  • 歩行者用感知器
  • 住友電工と住友電装のブースイメージ
  • 住友理工/住友電気工業/住友電装ブースイメージ
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV