【CES 2018】海外160カ国から6万人以上が来場、総数の1/3以上

自動車 ビジネス 企業動向
今年1月に開催されたCES2018
今年1月に開催されたCES2018 全 5 枚 拡大写真
今年1月に開催された「CES 2018」で、海外からの来場者は過去最大の6万3784人を記録したと、主催者のConsumer Technology Association(CTA)が発表した。この数は来場者総数の1/3以上に達しており、グローバルなイベントとして急成長しているCESの今を示すものとなった。

この報告はCES 2018の最終報告として発表されたもので、CES 2018には160カ国から総数18万2198人が参加。うち報道関係者は6645人で、オンラインのインフルエンサーは166人となった。とくに見逃せないのが海外からの来場者で、海外からの来場者数は前年比で5.9%増。米国商務省による2017年における海外から米国への渡航者数が3.8%減少したのとはまったく異なる傾向を示したのだ。

その内訳はアジア・中東から3万6,482人、ヨーロッパから1万7338人、アフリカ、 米国を除く北米、オセアニア、南米からの来場者数は9964人。特にアジア圏からの来場者数が増えたようだ。各セッションへの登壇者も300人以上の女性を含む1079人となり、これも過去最高となった。

CESは家電だけにとどまらず、あらゆる主要な新産業が出展する展示会へと成長しており、CES 2018では5G/コネクティビティ、人工知能、C Space、スマートシティ、スポーツテクノロジー、スタートアップ 、自動車テクノロジーなどが革新的なテクノロジートレンドとして注目された。

CES 2019は2019年1月8から11日までネバダ州ラスベガスで開催されるが、すでに周辺のホテルは料金が高騰しており、この傾向は今後しばらくは続きそうだ。

《会田肇》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV